KJH76712の日記

南国フィジーに移住しての話題をお伝えします。

誕生日

とうとう、60代最後の一年が始まった。
来年は「古希」ってこと・・・
さすがに体力の衰えを感じつつも南国の家庭菜園を楽しんでいる。

そうしたら、親しい友人家族がそろって誕生パーティーをサプライズで演出してくださった。

思わず涙腺が緩む、爺様・・・

「遠くの親族よりも、近くの他人」何て言うけど、この皆さんはもう家族同然です。
本当に感謝しています。

ここで心機一転、婚活というのも良いかも知れません。…マジで…

f:id:KJH76712:20190815234652j:plain

 

スーパーフード・モリンガ

昨年の九月末に植えたモリンガがもう屋根の高さに。さすが南国の植物です。最近日本でも知られてきて「高級食材」らしいのですが、ここフィジーでは道端の雑草扱い。

食べ方は、まず葉っぱを枝からこそぎ落とすようにしごいてスープや煮物・炒め物に使うほか、葉っぱを干して粉末にした「モリンガ茶」が人気だとか。

風味はほうれん草に似た香りで、食べやすいところが良いし、ほぼ年中無限に収穫できます。

今日、この花に実が付いたのを発見。マメ科の植物らしく見た目がササゲ豆に似た鞘がぶら下がってました。ネットで見るとこれを下茹でしてバター炒めがいけるとか。

英名ではこの実が「ドラムスティック」だとか。太さも長さも本当にそっくりです。市販のものは太さが1~1.5cmで長さは40cmくらい。

様子を見て食べてみよう。

f:id:KJH76712:20190810195200j:plain

f:id:KJH76712:20190810195309j:plain

 

小さな小さな南の菜園

f:id:KJH76712:20190810195849j:plain


トマトが元気良くなって、いい感じ。真冬のフィジーは28℃。緯度が高いせいで夏冬に関わらず、日射は強烈だけど
日照時間が短い。
あまり収量は望めないが、ほどほどには楽しめる。
トマトは確かに重宝する、何にでも使えるし。
次は、ゴボウでもうえてみようか。・・・苦土石灰が欲しいけど・・・

芝刈り後の草を燃やした灰を練り込みましょう

全てが試行錯誤、ダメ元ってのも気楽でよい

南国での百姓ごっこ

南国フィジーでの一人暮らしに退屈して始めた百姓ごっこが面白い。キュウリやトマトに茄子、ササゲ豆となニラや紫蘇、バジル、ゴボウなどを作っている。

 

いずれも、少量ずつだから「ごっこ遊び」ってことになると思う。

現在は雨季だから、毎日午後や夕方に雨が降るから育てやすい。今はイタリアントマトの芽に本葉が出てきてかわいい。

f:id:KJH76712:20190130150339j:plain

発芽二週間目

冬が来ないこの国の気温は現在だと、日中で最高32℃夜間は25℃ほどで大概のものが育つが、暑さに弱い種類はあかんな。

三週間ほど前に、キュウリとササゲ豆を蒔いた。この子たちは順調。暑さにも強いらしい。

f:id:KJH76712:20190130150917j:plain

キュウリはあと一か月くらいで収穫できるだろう

でも、こんなことばかりやっていると益々引きこもりになっていくような気がする。たまには人間としゃべらんといかんなぁ。

久しぶりの海

天気も良く、潮時も10時過ぎが満潮で、久しぶりにチャップン。きょうの水はちょっとひんやり、でもその分透明度が良くてきれいな海だった。

午後のエントリーだったらもっと水温も上がるのですが。・・・土日は人が来るかもってことで、今日行ってみました。

f:id:KJH76712:20181214180052j:plain

180度このとおりの貸し切り

写真中央にダイビングボートが二隻います。わかりますか???

f:id:KJH76712:20181214180250j:plain

「A旗(潜水者あり)

ゆっくりと一時間ほど「漂って」背筋も伸びて腰も快適。

海に癒された一日だった。

 

Crescent Moon

暦からいくと、新月は7日。しかし、本当の新月を見るのはなかなか難しいい。なぜなら、日没とほぼ同時に沈むためになかなか見ることが出来ない。見えるのは今ごろ、だから「三日月」なんて言葉があるのかもしれない。

さて、もし月がなくなったらどうなるであろう。

まず、「月見酒」ができなくなるほかに、狼の遠吠えもなくなるだろうし、ヒジュラ歴なんてどうなるのだろうか。

それより、海が心配。潮の干満が狂うというか無くなる。すると、入り江や港の海水が入れ替わることがなくなる。ってことは、生活排水が普通に流れ込んでくるから「どぶ・汚水だまり」になる。当然、海流も変わって地球の気候が変わる。その結果はどうなるか、興味がある。

ゆめやおとぎ話での月は好きだなぁ、だからだれにも探検なんてしてほしくなかった。

f:id:KJH76712:20181209201939j:plain

 

雨の土曜日

ここ数日結構強い雨が続いている。庭仕事ができずに畑はボウボウ。ちょっと外に出るとやぶ蚊が総攻撃してくる。そんな中、大輪のハイビスカスが開いていた。短命な花なので写真にした。

宇宙や地質学の時間の単位からすれば、人間の一生なんてこんなものかもしれない。美しいのは一日だけ。

f:id:KJH76712:20181208140726j:plain

これは、大輪の種類で直径15cmくらいあります。

枠組みは、犬に喰われないためのものです。 笑!!!