読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KJH76712の日記

南国フィジーに移住しての話題をお伝えします。

海が恋しくなって

良いお天気が続いて、海が見たくなりちょこっとドライブしてきました。空港から約40km南西に向かって走るのですが信号もなく渋滞もないのでおよそ40分で到着です。わき道にそれると草原を抜けて丘にでて360度のパノラマが楽しめます。建物も電柱もなぁーんにもなし。

f:id:KJH76712:20160922190951j:plain

見ての通りビーチには誰もいません、駐車場もがらがら。気温は28℃、絶好の海水浴日和。少し視野を左に向けるとリゾートホテル前のプライベートビーチには旅行客がちらほら。

f:id:KJH76712:20160922191212j:plain

ここの丘には、お馬さんが居て遊んでくれました。とってもおとなしいのは観光客を乗せて写真を撮ったりするために人馴れさせているのかも。

f:id:KJH76712:20160922191402j:plain

のんびりと一日を楽しんできました。フィジー最高!!!。

石焼きビビンパ

マーチンタールのコリアンレストラン、さほど安くはないのですが本格的韓国料理が楽しめます。この石焼ビビンパは25F$(1300円)煙の上がる状態で出てきます。ビビンパは韓国語で「混ぜご飯」という意味で、コチジャンをお好みで加えながらトッピングをかき混ぜていただきます。お肉にある程度火が通る時間に、サイドの小皿の料理を楽しみながらフィニッシュは石のどんぶりに焦げ付いた部分をスープで浮かせて食べると楽しいものです。

f:id:KJH76712:20160919164212j:plain

この小鉢がそれぞれに特徴があってうれしい。

f:id:KJH76712:20160919164304j:plain

キムチはもちろんお代わり自由。たまには外食もいいかもしれませんね。

ドッグシッター

お隣さん(インド人)が、スバ(南東に200km)まで出かけるというのでワンちゃんを一泊二日で預かりました。まだ、一歳で遊びたい盛りです。遊んであげたら大喜び、ブラシで体中ゴシゴシしたら猫みたいになっちゃって。推定体重25kgくらいかなぁ。ブラッシングしてて寄りかかられるとよろけます。きれいになったので家に入れるとソファがお気に入りみたいで。でも、かじられるかと心配で用心してました。

f:id:KJH76712:20160918181917j:plain

名前はアインシュタイン、ご立派な名前ですがちょこっと呼びにくい。最初は少し遠慮していたようですが慣れてくるとなんでもかじり始めてこの通り。

f:id:KJH76712:20160918182107j:plain

卵パックがあっという間にバラバラ。やれやれ。

で、ほんのちょっと目を離したすきにやられました。本革のソファーの切れ端が床に・・・さすがにこの時は杖でゴツンしましたが、アインシュタイン君笑ってました。目立たないところだったのですがショック。材料買ってこなくちゃ。

まぁ、二日間癒されましたので良いってことで。ちなみにこのソファー二個セットで6600F$もしたんですよー。とほほ!

道端にマンゴー

そろそろシーズン到来ってな感じです。道端のマンゴーツリーに実がたくさんついています。まだ未熟ですがこれからがシーズン。朝早く散歩すると、ころころと落ちています。子供やおっさんがそれを拾って売りに来ます。完熟のマンゴーネクターはたまりませんよ。

f:id:KJH76712:20160917161158j:plain

 

チョット頑張って

一人暮らしではなかなか覚悟が決まらないのですが、頑張って天ぷらにしてみました。今日は週末の市場でOta(フィジーのこごみ)を一束(100円)買ってきて少しだけ天ぷらにしてみました。衣がすこしゆるめだったかな、でも美味しくできました。器は南国らしくバナナの葉っぱ、おしゃれにハート形に並べて。

f:id:KJH76712:20160916154625j:plain

フィジーに住み始めての「初天ぷら」でした。で、余熱がもったいないので「海老せんべい」も揚げちゃって、ビールのつまみになってます。

f:id:KJH76712:20160916154817j:plain

Otaの天ぷらってとってもおいしいです。茹でるのと違って栄養が逃げないし揚げたてだったら、お塩なくても美味しく香りで食べれるくらいだし超ヘルシー。Otaの評価がまた一つ上がりました。ちなみにOtaは一束500g超、結構な量です。日本人を忘れてはいけませんね。

材料が無くて

先週から拙宅の建設現場が動いていません。理由は「材料が手に入らない」とのことです。今年は史上最大のサイクロンの来襲で各地で壊滅的な被害が出たことも一因ですが、どうやら有り余るチャイナマネーが市場を狂わせているようです。今年に入ってから大規模なリゾート開発があちこちで。ただでさえ不足している材料の値段を釣り上げているようです。フィジーの国旗が赤く染まらないようにしてほしいのですが、これってどうにもならないのでしょうね。

f:id:KJH76712:20160915180437j:plain

高い値段の買い手に優先的に材料を回しているために、半年も早く注文しているにも関わらず「サイクロンのせいで復旧現場が優先だ」とかごまかされてます。村の復旧は遅れていていまだにテント暮らしの人もいるそうですが、リゾート地は罹災後わずか2カ月で立ち上がっています。

材料ばかりではなく有能な職人の引き抜きもひどいものです。これじゃ現地の人たちはいずれ不動産を購入できなくなるかも。・・・変なの!

フルーツのおいしい季節が

南半球の冬も終わりに近づき、フルーツの季節がやってきました。まず、最初はマンゴー。続いてパパイヤが出てくることでしょう。バナナもそろそろ食べごろです。ところでバナナはここフィジーでは道端にコロっと生えていて、フルーツって感じがしません。でも、黙って取ったらお行儀悪いし、写真だけ。

f:id:KJH76712:20160914160627j:plain

パパイヤは、先のサイクロンでのダメージが大きくて今年は値段が高く、数もなかなか出回っていません。マンゴーは大木なので大丈夫だったみたいです。

f:id:KJH76712:20160914160908j:plain

写真中央左が花盛りのパロットマンゴーの樹で、左端に少しだけ見えてるのはブレッドツリー、パンの実が成ってました。どちらも、熟れた実がよく道端に転がっていることがあります。

f:id:KJH76712:20160914161213j:plain

名物サトウキビの収穫もいまが最盛期です。毎日トラックやシュガーケーン・トレインなる狭軌の簡易鉄道で大量に運搬されています。・・・あちこちで脱線してますけど・・・

f:id:KJH76712:20160914161816j:plain

f:id:KJH76712:20160914161645j:plain

もうすぐ暑い、夏がやってきます。