読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KJH76712の日記

南国フィジーに移住しての話題をお伝えします。

Happy Birthday

今日はある人の誕生日です。心からのお祝いと感謝を送りたいと思います。 フィジーに移住してもう一年半になり、外国での一人暮らしには慣れてきたつもりですが、いろいろと苦労させられることもいまだに多くあります。 さて、フィジーは三時間の時差で日本…

挿し木のキャッサバ

嘘か本当か試してみようとキャッサバの枝を突き刺してみたのが8月上旬。二か月ちょいで結構立派な風貌になったので直植えにしてみようと引っこ抜いてみるともう芋がくっついてるじゃん。ちょこっと驚き。この生命力ってフィジアンパワーの源かもしれません…

二足わらじ1号

安いサンダルは底が薄くて砂利道を歩くと足の裏に痣ができるほど痛いので、何とかしようと作ってみました。二枚重ねのサンダルです。接着剤や両面粘着テープも考えたのですが、どれも力不足です。結局釣り糸を使っての縫合を選択しました。だって、高級サン…

棟上げのお祝いは

Lamb Shank:骨付きラム肉の燻製なんていかがでしょう。ちょっと手間をかけて一人暮らしの晩酌を工夫しました。だって「棟上げ」だもん。 思えば建設の契約をしたのが2月、サイクロンの影響で材料も職人もそろわず手つかずのまま放置され、基礎ができてから…

フィジーブルーの

ちょこっと無理して頼んだ色の屋根板が出来上がって現場に到着しました。色は「フィジーブルー」。オリンピックでラグビーチームが金メダルを獲得して急に有名になったあの色です。青空のブルー、海のブルーにココナツのグリーンを少しだけ足したような素敵…

久々にSmoke

Smokeと言ってタバコじゃありません。燻製のことです。日本に居たころは寒くなるころによく作っていました。ところがフィジーは寒くならないので豚肉を寒風に曝して乾燥させることができません。生ハムは無理にしても煙のにおいだけでもと思い挑戦してみまし…

流木を拾って

先日海岸を歩いていて、何気なく流木を拾いました。それを何気なく持ち帰って見つめていたら何か作ってみたくなって。1cmくらい切り取ってまずは内側を削り形を整えて指輪にしてみました。実用性は無いにせよ、お遊びで・・・。 柔らかく軽い素材でした。…

サボテンとニンニク

在庫のシャンプーがなくなったので、探してみましたがまぁ種類の多いこと。そこで発見したのが「サボテンとニンニク」配合ってな「抜け毛予防シャンプー」なんですが。一応、ニンニクの効能が抜け毛を防ぐとかなんとか・・・匂いは??? 早速使ってみました…

久しぶりに腕を振るって

フライパンが大好きで、日本から「セラフィット」持ってきちゃいました。だいぶ傷んできましたがいまだに重宝しています。 さて、今日はちょいとやる気を出してワンプレートものですが。玉ねぎとセロリにピーマンとトマト。お肉はビーフももを大き目の細切り…

大工さん4人で

今日の現場は昨日お休みだった大工さん四人。昨日親方にちょこっと「がんばれ」って意味合いの嫌味言ったら大工さんが四人で作業してた。日中の気温は31℃、十分に暑い。今のうちに屋根を仕上げて日陰を作らないと後の内装が大変だから。 でも家を作りなれ…

しゅるしゅるクッキングで

おいしそうなラムの首の部分がぶつ切りで売っています。いつかチャレンジしようと思っていたのですが本日やってみました。地元の人はスープにするらしいので、その方向で作ってみました。軽く塩コショウしてひたひたくらいのお水を入れ上をキャベツとセロリ…

お肉たっぷり

今夜はおいしいラム肉をステーキにして、たっぷりといただきました。見た目は本当にたっぷりなんですが、骨と脂身もたっぷりなので食べるところは7割弱かなぁ。でも、フィジーのラム肉って癖がなくっておいしいのです。しかも、少々焼きすぎかなぁ?って思…

お野菜たっぷり

玉ねぎ、にんじん、キュウリ、セロリに鶏肉とカシューナッツでまとめました。鶏肉だけ先に炒めておいてから加えます。超強火で一気に仕上げ余熱の間にとろみをつけて出来上がり。こういう料理ってやっぱり鉄製の中華鍋が必要ですね。家が完成したら中華鍋も…

島での一日は

毎日が日曜日の身分ですが、一人暮らしもよくないのでたまには外に目を向けてみました。やはり太陽に下で若いお嬢さんのビキニはいいですね。まず、ビーチへの到着では島のスタッフが歌でお出迎え。 西側の砂浜ではパーティーの準備が進められていました。聞…

ちょうどよい潮時で

今日は午前中に上げ潮がかかってきてての北東の風。絶好の海日和ってことで近くの島に渡ってのシュノーケリングを一日楽しんでまいりました。やはり朝から上げ潮だと水がきれいですね。ま、その分水温はちょこっと下がりますがそれでも26℃はあったと思う。…

海が恋しくなって

良いお天気が続いて、海が見たくなりちょこっとドライブしてきました。空港から約40km南西に向かって走るのですが信号もなく渋滞もないのでおよそ40分で到着です。わき道にそれると草原を抜けて丘にでて360度のパノラマが楽しめます。建物も電柱も…

石焼きビビンパ

マーチンタールのコリアンレストラン、さほど安くはないのですが本格的韓国料理が楽しめます。この石焼ビビンパは25F$(1300円)煙の上がる状態で出てきます。ビビンパは韓国語で「混ぜご飯」という意味で、コチジャンをお好みで加えながらトッピング…

ドッグシッター

お隣さん(インド人)が、スバ(南東に200km)まで出かけるというのでワンちゃんを一泊二日で預かりました。まだ、一歳で遊びたい盛りです。遊んであげたら大喜び、ブラシで体中ゴシゴシしたら猫みたいになっちゃって。推定体重25kgくらいかなぁ。…

道端にマンゴー

そろそろシーズン到来ってな感じです。道端のマンゴーツリーに実がたくさんついています。まだ未熟ですがこれからがシーズン。朝早く散歩すると、ころころと落ちています。子供やおっさんがそれを拾って売りに来ます。完熟のマンゴーネクターはたまりません…

チョット頑張って

一人暮らしではなかなか覚悟が決まらないのですが、頑張って天ぷらにしてみました。今日は週末の市場でOta(フィジーのこごみ)を一束(100円)買ってきて少しだけ天ぷらにしてみました。衣がすこしゆるめだったかな、でも美味しくできました。器は南…

材料が無くて

先週から拙宅の建設現場が動いていません。理由は「材料が手に入らない」とのことです。今年は史上最大のサイクロンの来襲で各地で壊滅的な被害が出たことも一因ですが、どうやら有り余るチャイナマネーが市場を狂わせているようです。今年に入ってから大規…

フルーツのおいしい季節が

南半球の冬も終わりに近づき、フルーツの季節がやってきました。まず、最初はマンゴー。続いてパパイヤが出てくることでしょう。バナナもそろそろ食べごろです。ところでバナナはここフィジーでは道端にコロっと生えていて、フルーツって感じがしません。で…

「OTA」が大好きで

一説では日本名が「オオタニワタリ」とかいうらしいシダの芽が、フィジーではOTA。これがタロイモの葉っぱに包まれて市場で売られてます。お値段はわずか2F$(100円)。柔らかくゆでておひたし風にいただくもよし、マヨネーズもよく合いますしその…

突然の出来事で

家内が亡くなって、フィジーで一人暮らしになってしまいました。しばらくは何もする気が起きず食事もできませんでしたが気力を振り絞って拙宅の建設を見守ってきました。それで、やっと昨日壁のブロック積みとトップビームのコンクリート作業が終わり来週か…

よいお天気なのに

フィジーでの家屋建築は5月から11月頃までの乾期がラッシュになるようです。道路をよく見ているとセメントやブロックを積んだトラックが多く行き交っています。ってことで、作業員の確保もタイトになるようです。今日なんかもせっかく良いお天気なのに作…

拙宅の着工

今月下旬になってやっと、拙宅の新築工事が始まりました。まずは整地から始まって敷地境界の確認と原寸でのマーキングと順調に進み、基礎工事となりました。ここ、フィジーでも地鎮祭らしき催しがあって礎石を埋める際には少し緊張しました。 基礎工事はいと…

The Kite.

夕べ、真夜中から今日の午前中までまたもや停電でした。エアコンが使えないので海岸に凧揚げに行ってきました。その凧はサイクロン通過後の停電の時間とかの暇な時に強度計算から始め設計図から作った自作のものです。材料は竹とココナッツの葉の芯など、全…

フィジーのサイクロン

TV などですでに報道されている通り、南半球で史上最大級のサイクロン「Winston」が20日に恐ろしい傷跡を残しフィジーを包み込み通過していきました。雨と風がものすごくまったく経験したことのない状況でした。雨は消防隊の一斉放水をはるかにしのぐ莫…

メルボルンの海の幸

メルボルンは南極に近い冷たい海水で育った海の幸が豊富です。例えば牡蠣がそうですね。昔の任地だった宮城県の牡蠣を思い出して、生の牡蠣を見つけて早速市場で食べました。レモンはサービスでつけてくれたので、もう最高です。 日本の物に比べると少し小さ…

ちょこっとオーストラリアへ

錦織君の応援に、9日間ほどオーストラリアのメルボルンに行っていました。現在、真夏ですが南極に近いので、朝晩は12℃あたりまで冷え込みます。一方、日中の日向は30℃超えでジリジリと照り付けます。着るものの選択が難しいです。 快晴のロッドレーバー…

先祖の足跡

「First Landing Point」という場所があって、なんでも紀元前1500年に初めてFijiに上陸したというご先祖さまの足跡があるというので本日行ってきました。その足跡はかなり大きなもので、地上からは判りにくいので、とあるサイトのお写真をUPしました。 …

Vuda Marina

ビセイセイ村をあとに少し走ると目立たない分岐点があって「First Landing Point」と描いた標識があるところで左に入ると、丘に登っていくような感じの舗装されてはいますが少し狭い道になります。緩いカーブを曲がると急に視界が開け、海が見えます。あんま…

VUDA Marinaへ

「VUDA」これで「ブンダ」と読みます。フィジー語ではこんな読み方が多いのです。ちなみに、私の住む町「NADI」もこれを「ナンディ」と読みます。 それはさておき、今日も良いお天気で「NADI BAY」の北東の町「ブンダ」にドライブしてみました。途中、ビセイ…

NADI BAYは

気温は34℃。フィジーブルーの空はパステルカラーのごとく海の色を染め上げていて、トロピカルそのもの。先日のWailoaloa Beachはその、NADI BAYの一部でちょうどまた別のシープレーンが着水してきました。 シープレーンの良いところは、風向きがどっち向きで…

Wailoaloa Beachへ

Nadiタウンでの用事を済ませての帰りに、Wailoaloa Beachにちょこっと寄ってみました。南国気分一杯のミニリゾートはバックパッカーの天国ってな感じです。 簡単な食事もできて、ベリートロピカル。しかもビーチまで車でOKだし、お馬さんなんかオールヌード…

試運転がてらに

今朝は快晴のお天道様がビリビリと照り付けてました。久しぶりに外に干せるかなってお洗濯を終えたころ、思い立ってちょこっとドライブに出かけました。ここNAMAKA PARKから北に走ってみました。 ここは「ビセイセイ村」の近くの海岸です。引き潮…

外車を購入!

無いとやっぱり不便なので、車を買いました。フィジーには自動車の製造メーカーって無いのですべてが輸入車です。ってことで、日本でも使っていた第三世代のプリウスを買いました。ま、ここでは「外車」ですからお値段は日本より大分お高いのですが運賃を考…

砂肝2kgを

急に内臓系が食べたくなって、冷凍の砂肝を4パック。合計2kg買ってきました。解凍後、念のため一個一個きれいに洗って余分な脂肪とかも丁寧にとって、たっぷりのショウガと醤油に、ここでは超貴重な日本酒を加えて、フィジーのブラウンシュガーで味に丸み…

お友達?

フィジーに到着後、しばらく安いホテルに泊まっていたのですが、ちょうど縁があって格安の新築物件を借りることができました。すぐに入居できるということで見に行ったら結構広いワンルームで、家具付き。なぜか電気代と水道代も含んだ値段だと言います。ホ…

家族?

突然というか、やっぱ突然にここの大家さんから頼まれちゃいました。「3週間留守にするから、この子をお願い」って牛乳3パック頂いちゃって少々戸惑ってましたが、あれから2週間、来週にはお戻りです。で、にわかに増えた家族がこの子。 初めて作ってあげ…

やたらと多い離着陸が

昨日かあたりからですが、大型旅客機の離着陸がやたらと多く感じます。すぐ近くにNADI国際空港の滑走路があるので判りますが明らかに定期便の数の倍以上の数です。やはり、この時期世界のセレブリティーが遊びに来るのでしょうか、プライベートジェット…

やられたー!(カード詐欺)

おっと、大変!。身に覚えの無いカード利用通知メールがあって慌てて手続しました。最後にカードを使った日から6日後に大量の利用通知がメールで送られてきました。もちろん身に覚えの無いものばかり、数分おきに限度額ギリギリの引き落としが合計12回で…

2015→2016

新年あけましておめでとうございます。 数字で書けばタイトルのとおり、何ということも無いのですがとりあえずは1年を無事に過ごすことができ、新しい年の始まりを祝う。ま、新学期みたいなものですね。 ちなみに、私は昨年日本を発ってフィジーに移住して…

明け方の珍客

まだ夜も明けきらない午前四時ころ、トイレに立って「ドッキリ」!。足の裏に何やらヌルーリとした感触があって慌てて明かりをつけると、変なものが。よくよく見ると蛭かナメクジか、はたまた未知の生物かそれとも物の怪か?。 大きさは親指くらいで茶褐色の…

第二の候補地は

第二の候補地は、人気の高いオーストラリアだったのですが、調べるにつれその「白豪主義」見え見えの政策に、ちょいと嫌気がさしてドロップ。そもそも、外国人に対してビザ発給のハードルが高すぎました。永住権を獲得するには5億円以上の投資が必要だとか…

Why Fiji?.

「なぜフィジーに」って よく聞かれましたが、簡単に言うと「三択の結果」だったのです。地方の製油所に長く勤務していて、十六年前に突然横浜の本社勤務になり慌てて神奈川県民になって一応の横浜では一等地と呼ばれる場所に生涯二軒目の家を買って定年まで…

How to get the parmit.

観光と違って、移住となると長期滞在のビザが問題となってきます。この、解決策はひたすら目的国の在日大使館に通うことが決め手となります。「代行業」と称するエージェントはたぶん役に立たないでしょう。理由は、お隣の「赤い国」です。資源も不動産も爆…

ボクシングデイは

日本ではあまり聞きなれない言葉ですが、ここフィジーでは国民の休日です。BOXの日、すなわち箱詰めの日と聞きました。クリスマスイブには沢山のプレゼントが届きますね。で、翌日には沢山の空き箱が出ることになります。そこで、家政婦さんや使用人さんたち…

Fijian

20年目のナンディ空港への着陸は今までと違って、ちょこっと重み(結構ズッシリ)がありました。実は今回、「片道切符」なのです。ついに、フィジーでの滞在ビザを取得して移住のための渡航だったです。 Landing at Nadi International Air port on 4th DEc.…